<
So-net無料ブログ作成
検索選択
フィジー ブログトップ
前の10件 | -

なんだか気になるフィジーの動向 [フィジー]

 先日、フィジーの軍事政権がイギリス連邦から資格停止を通知された、というニュースが報じられていました。(CNNより→こちら 

 我らがフィジーを訪れたのは去年の秋で、そろそろ1年が経とうとしています。(このブログを初めてそろそろ1年になる、ということですね…) 2006年にクーデターが起きてから、フィジーは軍事政権となっています。しかし、我らが肌で感じたフィジーからは全く軍事政権のにおいは感じませんでした。

ロマニビーチ.JPG
写真はフィジーで滞在したロマニアイランドリゾート前のビーチ

【続きを読む】


タグ:フィジー
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エア・パシフィック航空 日本路線撤退 [フィジー]

 脇道に逸れたついでに、エア・パシフィックのことについて書こうと思います。

DSC00850.JPG



 11月4日発表のエア・パシフィック航空HPによると、来年の3月28日をもって成田~ナンディ間の路線を運航中止にする、とのこと。

 理由は日本路線の赤字。4年間の累計で日本路線については約19億円の赤字があった。

 サーチャージの導入などで、日本人の海外旅行は中・短距離のディスティネーションが好まれるようになり、フィジーを訪れる日本人が減っている理由の一つと考えられる。

 また、2006年に軍による政変が起こってから、治安悪化の懸念のためフィジー渡航者が減る傾向にあった。その後、フィジー政府・観光産業が一体となり日本からの需要を上げようと努力が続けれらてきた。

 しかし、結果として努力が実を結ばず、日本からフィジーへの需要の回復がみられないことから、今回の運航中止という結果になった。

 日本路線に代わり、2009年6月からは香港~ナンディ線が就航する。

 エア・パシフィックHPより http://www.airpacific.co.jp/corp/press/corporate_081104.html


【続きを読む】


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィジー 基本情報 [フィジー]

 フィジーの基本情報について、まとめておきたいと思います。

ロマニビーチ.JPG

 

1.国名 フィジー諸島共和国 The republic of Fiji Islands 首都はスヴァ Suva

2.言語 公用語は英語、その他フィジー語、ヒンディー語 (こんにちは、はBulaブラ! ありがとうはVinakaヴィナカ さようならはMoceモゼィ なんだけどモレィって聞こえた)

【続きを読む】


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カプリコーン・インターナショナルホテル [フィジー]

 今回の旅で不安だったことの一つは、ナンディで宿泊するカプリコーン・インターナショナルというホテルでした。

フィジー~日本間はエア・パシフィック航空と大韓航空(ソウル乗り継ぎ)でアクセスできるのですが、どちらの航空会社も帰国便はナンディを朝出発するので、帰国前日はナンディで一泊する必要があります。手配をお願いした旅行社では、追加料金なしで宿泊できるナンディ市内のホテルはカプリコーンでした。

カプリコーンと言えば……格安フィジーツアーで使われる安ホテルとして有名[ふらふら]。追加料金を払ってアップグレードさせるか、一泊だけだからカプリコーンのままでいくか、結構迷いました。情報収集していた Tripadvisor にもいい口コミはあまりのっていないし…。

 結果、フィジーの最終日で変なところには泊まりたくない気持ちはあるけれど、一泊だけだし、どんなところか見てやろうじゃないか、という冒険心の方が勝って、そのままカプリコーンに宿泊することを決めたのでした。

【続きを読む】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プランテーションアイランドリゾート [フィジー]

 今回は、滞在したロマニアイランドリゾートに隣接しているプランテーションアイランドリゾートについて記したいと思います。

 プランテーションはロマニと同じく、マロロライライ島にあるリゾートで、ロマニと同様本島からはマロロキャットか飛行機でアクセスします。オーストラリア・ニュージーランドの家族からの圧倒的な支持を誇るリゾートで、滞在しているゲストの殆どがオージー(オーストラリア人)かキィウィ(ニュージーランド人)の家族連れです。700人から1000人ものゲストが滞在できる、かなり大きなリゾートです[exclamation]リゾートアイランズの四大リゾートの一つと言われています。

【続きを読む】


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロマニアイランドリゾートの謎 [フィジー]

 ロマニのゲートにはトーテムポールみたいなのが二つ立っています。

トーテムポール?.JPG

 これ、なんなの?とブッシュウォーキングに連れて行ってくれたポールさんに聞いてみました。

【続きを読む】


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロマニアイランドリゾート その2 [フィジー]

 滞在したロマニアイランドリゾートについて、今回は施設やアクティビティについて記録したいと思います。

 まず、レストラン&バー。ロマニにはレストランとバーはそれぞれ一つづつあります。レストランの味はまあまあ、というか多分フィジーのリゾートの中では美味しい方なんだろうなと思いました。私は今回の旅で、フィジーは食に対するプライオリティーがそんなに高くないのでは、という印象を持ちました。そのことを考えるとここのレストランの味はいい方だと思います。難点はサービスが遅い、ということ[バッド(下向き矢印)]

【続きを読む】


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロマニアイランドリゾート その1 [フィジー]

 今回滞在したフィジーのリゾート、ロマニアイランドリゾートについて2回に分けて記録したいと思います。

 ロマニアイランドリゾートは、空港などがあるフィジー本島の西に浮かぶ、ママヌザ諸島(別名リゾートアイランズ)の中のマロロライライ島という島にあります。マロロライライ島へは、本島からリゾートアイランズへの船が発着するデナラウ港からマロロキャットという船で約50分、ママヌザ諸島の中では本島から比較的短い時間でアクセスできる島です。ちなみにマロロライライ島にはエアストリップがあるので、ナンディ空港から飛行機でアクセスすることも可能です。しかし大抵はデナラウ港から船でアクセスします。マロロライライ島とナンディの位置はこんな感じです。


 

【続きを読む】


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フィジー買い物指南 [フィジー]

 指南できるほど買い物していないのですが……・[たらーっ(汗)]。お土産などのお買い物についてです。

 お買い物スポットとして挙げられるのは、主にデナラウ港、空港、そしてナンディタウンになると思います。デナラウ港にはお土産屋のjacksがあります。割と大きいお店で、リゾートに向かう人達のためにビーチサンダル、スル(フィジー版パレオ)やビーチドレスが多数揃っています。お土産も置いていますがナンディタウンほどはありません。ナンディに着いた初日、ロマニへ向かう船・マロロキャットに乗るには2時間近く待ち時間があるので、欲しいものが決まっていたら船の待ち時間にデナラウ港で買い物をするのも手だと思います[手(チョキ)]

 次は空港。フィジーのナンディ国際空港は南太平洋の空港の中でも免税店の大きさは屈指だそうです。出国審査を終えると、どどーんと2フロアにまたがって免税店のProudsが入っています。Proudsの品揃えは免税品が中心ですが、食品類や民芸品などはその他の店でも多数扱っています。空港だけでお買い物を済ませてしまっても十分だと思えるほど、空港の品揃えは豊富です。[グッド(上向き矢印)]

 そしてやはりお買い物と言えばナンディタウンです。ナンディタウンで買い物をする利点は、お店のはしごが出来ることと、リゾートではないフィジーの一面を見ることができるということです。

【続きを読む】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

フィジー8日目(最終日) [フィジー]

 8日目。いよいよフィジーを離れる日がやってきました。[もうやだ~(悲しい顔)]

 朝起きたのは6時半。荷物を7時半に部屋の外に出して、と言われていたのでいそいそと荷造りをします。(結局、ポーターが来なくて自分たちで荷物を運んだんだけどね…)

 その後朝食。カプリコーン・インターナショナル・ホテルに余り期待していなかった我らだったので、朝食が意外とまともだったのに驚きました。(ジュースが果汁10%みたいな味でしたけど…)

 チェックアウトを済ませて迎えの車を待ちます。一泊だけ、とか短期で滞在するには、カプリコーンは問題ないホテルだと思います。

 迎えの車がやってきました。カプリコーンから空港は近いのですが、ほかのホテルをまわっていくため、空港までまだ時間がかかります。

 ナンディ国際空港に到着。カウンターになっがーーーーい行列ができています[あせあせ(飛び散る汗)]。 みんなフィジーを楽しんできたんだね。

 出国審査を終えると免税店が並んでいます。大体のものは空港でも手にはいるので、ナンディで買い物をせずに空港で買うのも手かもしれません。

 ゲート近くの待合所。奥には1分1フィジードルというマッサージ(スパ)がありました。

DSC00847.JPG

 

 アナウンスが流れて搭乗開始。来るときはカンタスの機体だったけど、帰りはどうでしょうか。

【続きを読む】


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - フィジー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。